レーザー脱毛

施術はどなたでも可能

施術はどなたでも可能

レーザー脱毛は、毛包にメラニンに反応する波長のレーザーを低出力で照射することで安全に脱毛を行うことができ、年齢、性別に関係なくどなたでも施術可能です。皮膚の表面を冷却ガスでクーリングしながら照射しますので痛みは我慢できないほどではありません。

ただし、痛みの感じ方には個人差があり、女性では生理期間中は神経が敏感なので避けたほうが無難です。痛みに弱い方や髭などの濃い毛のケアをする場合は、事前に麻酔クリームを塗ってから施術をお受けいただくと痛みを和らげることができますので、ご心配な方はご相談ください。

レーザー脱毛は、「永久脱毛」ではなく80%の減毛です。しかし、繰り返し施術を受けることで残り20%の毛も細くなるので徐々に目立たなくなっていきます。

治療期間

1回施術したら、6~8週間の間隔をおいて来院してください。 若い方ほど新陳代謝が高いので、毛が早く再発する傾向にあります。 そのため回数をたくさん必要とします。

エステと皮膚科でのレーザー脱毛の違い

レーザー脱毛

エステサロンでの脱毛は、医療用レーザーよりもパワーが弱い「光脱毛」です。 医療用レーザーは、高いパワーをもちいて安全に施術でき、脱毛完了までが早いという利点があります。 光脱毛ではパワーが弱い分痛みは少ないですが、どうしても脱毛できない毛や施術完了まで2~3年かかることが最大のデメリットです。

術後の肌への影響

施術後は皮膚が炎症を起こして敏感になっていますので、保湿と日焼け止めを心掛けていただくようお願いします。 赤みはほとんどの場合翌日に、蕁麻疹のような毛穴に一致する膨疹は1~2時間くらいで消失します。 元々ニキビの酷い人は一時的にニキビが悪化することがあり、外用剤や内服薬を施術後に使用していただく場合もあります。

料金表に記載外の処置について

料金表に記載していない部位でも

料金表に記載していない部位でも照射可能な場合がありますので、予約時、診察時にお尋ねください。

お悩みに該当するメニュー

メニュー名 レーザー脱毛
使用機器 ジェントルレーズPRO
(薬機法承認機器)
特徴 厚生労働省で脱毛用医療機器として認可されたより安全に、より効果的な脱毛治療ができる機器です。
メラニン色素に吸収されやすい波長755nmのアレキサンドライトレーザーを照射します。
メラニン色素に反応した熱作用で毛根と毛包を破壊することで、毛を細くし、本数を減らしていきます(永久減毛)。
レーザー照射の直前に肌をガスで冷却することで痛みややけどのリスクを大幅に軽減できます。
注意事項 赤みはほとんどの場合翌日に消失します。蕁麻疹のような毛穴に一致する膨疹は1〜2時間くらいで消失します。
元々ニキビの酷い人は一時的にニキビが悪化することがあり、外用剤や内服薬を施術後に使用していただく場合もあります。

メリット

デメリット

料金表