アートメイク

アートメイクは皮膚の浅い層に専用のニードルを使用し、色素を着色していく技術です。
当院で使用する色素はアートメイク専用の安全な色素です。色素は徐々に退色していきます。
その持続期間は年齢、肌質、新陳代謝、生活習慣、技法選択により個人差がありますが、約2年程度持続します。

お勧めしたい方

アートメイクは自然な仕上がりのため、自眉が無い方、または薄い方、メイクの苦手な方、メイク時間の短縮をしたい方、休日はノーメイクで過ごされる方にお勧めです。また女性だけではなく男性にもお勧めです。

施術ができない方

免疫力が低下している方や高度な糖尿病の方、甲状腺機能疾患の症状が強く出ている方、緑内障、ものもらいやヘルペスの症状がある方、妊娠中や授乳中の方は施術をお断りいたしております。
(糖尿病の方や甲状腺機能疾患をお持ちの方でも症状の軽い方はアートメイクを受けることができます。その場合は主治医等ご相談願います)

施術内容

施術の技法やデザインや色の種類、濃さなどをカウンセリングで決めていきます。これは普段のメイクの様子や表情、筋肉の働きなどを細かく分析し、一人ひとりに最適なデザインを行うよう心がけています。施術の痛みに対してご不安が強い方には表面麻酔クリームを使用することが可能で、これはクリニックでアートメイクを行う利点となります。
アイブロウのアートメイクは3つの技法があります。

3D:ニードルの先端で小さな点をハンコのように押し入れながら、デザインされた眉の枠に眉頭から眉尻にかけて濃くなるようにグラデーションをかけていく技法です。

マイクロブレーディング:ミクロの細い針が一列に並んだ刃を使用し色素を定着させる技術で、毛に見立てた線を一本一本描き、まるで自眉が生えているかのような自然な仕上がりになる技法です。

4D:3Dとマイクロブレーディングの両方の技法を使い、より自眉にメイクをしたような仕上がりになる技法です。

3Dや4Dは小さな点をハンコのように押し入れる技法のため施術直後から1週間程度は濃い仕上がりとなります。不要な角質と色素が、かさぶたとともに自然に剥がれ落ちた施術後1週間程度経った頃が アートメイクの定着となり通常にメイクができるようになります。

受けられる方へ

アートメイクを受けられる前に注意事項がございますので、カウンセリングを行いその後の施術となります。